Jul 20, 2018

メロン、すいかフルーツのテーブルマナーこれだけ知っておきたい!


夏シーズンだからこそフルーツの食べ方を紹介します。

デザートタイムやティータイムを楽しむために。
こんにちは。宮島ワンダ教室成城、公式ブログです。


果物、テーブルマナー


果物はお出しする際、食べやすく美しく準備してお出しします。

★苺を半分に切って、デザートに添えることは正しいです。
苺、ベリーは高台のガラス器に盛りつけてどこから取っても、
取りやすくしておきます。果物はトレーにのせて、出す時に、
苺はホールのママです。 苺はティースプーンで頂きます。
お皿が大きい時にデザートスプーンを用意します。

★ブルーベリーは1人分のポーションとして出すのは 基本です。
ガラス器に入れて出し、ティースプーンでいただきます。
そのティースプーンを受け皿に乗せます。

★キウィフルーツは輪切りにします。皮をむいたキウィ
フルーツを6—8等分立てに切ることも出来ます。


★オレンジは輪切りにするか分けて出します。

★メロンとスイカは角切りや丸の形にします。

★桃、梨は角切りにするか縦に切ります。
果物を頂くためにデザートスプーンとデザート
フォークを用意します。果物をスープンで頂き、
フォークで果物が落ちいない様に助けて食べます。
ホールのフルーツの場合はフルーツやデザートナイフも
用意します。

フルーツを美味しく頂くコツ
1)10℃まで冷やしておく
2)出す直前にアルコールをかける

★メロンはラム酒、ブランデー、ポルト酒
★桃とキウィフルーツはリキュール
★梨はレモン汁

デザートにはカトラリーが必要です。
先ず、タルトサーバーとタルトスライサー。
スライサーは常に熱いお湯に入れておきます。
チョコレートでカバーしたケーキなどは水飴が
入っているのでうまく切れない場合があるからです。

ティータイムの焼菓子など、最初から切ってあ る場合は、
クッキートングで取ります。
ただ、トッピングされてるホールケーキなどは
くっついて外せないので、タルトサーバーで取ります。

関連記事