Feb 4, 2021

海外テーブルコーディネーターに学ぶスキル

海外テーブルコーディネーターインテリアデザイン

テーブルコーディネート色の
知識

住まいにはリビングスペースとダイニングスペースがあります。リビングスペースに家具をおきますが基本的にソフアと低いテーブルを選びます。リビングのテーブル(センターテーブル)とも言いますがソフアと同じ高さのテーブルです。ソフアに座って飲み物を楽に飲めます。テーブルにオブジェをおくこともあります。画像のテーブに花を飾ってみました。色をソフアの色に合わせてコーディネートしました。カラーコーディネート効果が大きいですね。カラーコードを学ぶとコーディネート上手になります。テーブルコーディネーターになるには

カラーコードって何?

カラーコードの意味は色の決まりのことです。決められた色のパータンを使うと落ち着ます。あの空閑は落ち着ますねとよく言われてますが色を正しくコーディネートしましたとのことです。
ではいろコーディネートを正しくするにはどのような知識が必要ですか?
まずは色を二つのグループに分けましょう。

色彩グループ二つあります

カラーコーディネートチャートウオームカラー

1)ウームカラーのグループ:春と秋色のカラーです。
カラーチャートは四つありますがウームカラーが春もあります。
春のカラーは色の透明度が高く華やかなイメージです。花でいえばチューリップです。
2)クールカラーベースのグループ:夏と冬色のカラーです。

クールカラーパネルは下のパネルです。サーマカラーで柔らかいイメージを
作るのによく使われています。例えば病院にベビーピンクがよく使われています
花の色で言えば夏に咲く紫陽花のブルーとピンクの色。ご自宅の部屋のインテリアのカーテンやソフアや椅子の貼り地等によ使う色です。柔らかな雰囲気を作ることができます。
洋風のインテリアでは春と夏の色がよく使われています。

海外テーブルコーディネート基本

欧州のテーブルコーディネート基本はありますのでお好みだけでテーブルコーディネートはしません。下記のポイントを基本ですにします。
1.テーブルクロスのサイズと色を正しく選ぶ
2.食器の選び方の基本を学ぶ
3.食器のセッティング位置を守る
4.目的に有ったカラーコーディネートを行う
5.季節、決まり、気持ちと時間、人間と空間に基づいたコーディネート行う
上記のポイントを生かすと見事なテーブルコーディネートが出来あがります
テーブルコーディネートに必要な商品をオンラインショップでご用意していますのでご覧ください。

海外テーブルコーディネート色の基本

まとめ

海外テーブルコーディネーターに学ぶポイントがたくさんありますので
まず必要な道具を皆様のためにセレクトしました。
オンラインショップでご購入はできますのでご覧下さい。

関連記事