Jun 14, 2018

グラスと飲み物の関係


ガラス器は夏のものと決めたのは
千利休。でも季節は関係なくガラスの鉢
にサラダを盛るととても美味しそうに見える。

テーブルコーディネート・宮島ワンダ教室成城
公式ブログです。こんにちは。暦上は夏です。
紫陽花は美しく咲く頃から暑い夏に向けて
準備します。食器、料理のメニューもグット
変わりガラス器が活躍します。
グラスの話になりますが、季節は関係なく登場します。

 


タンブラーとステムウエア

●タンブラー
テーブルウエアの代表、コップ=タンブラーでジュース等の
ソフトドリンクを飲むグラスです。ワイングラスは細い足付き
のグラスのことをステムウエアと言います。
昔、タンブラーは丸い底の酒グラスだった。置いておけば
スイングするのでタンブラーと呼ぶようになりました。
後に底が平になってもグラスの名がそのまま残りました。

●ステムウエア
ステム、細い足、元々神に捧げる新酒のために
使いました。現在、格式を重んじるテーブルにふんだんに
使います。

●グラスの形と飲み物の関係
一番小さいグラスは食前酒。もっとも大きいグラスはゴブレット。
強い酒ならグラスが小さい、弱い酒のグラスは小さいです。
ブランデーは香りの良い酒ですのでグラスが大きくなく
香りのためのスペースがあります。また、シャンパンのような炭酸入り
酒用にフルートのシャンパングラスを用意します。

●グラスの手入れ
グラスを使っているうちにくもって来ますので洗う時に
お酢を入れてあらうといいです。また、お湯の温度を高くして
洗いましょう。グラスのくもりがすっきりとれます。

Posted in テーブルウエアComments Closed 

関連記事