Jun 5, 2018

紅茶のケーキ

テーブルコーディネート・宮島ワンダ教室公式ブログ
です。こんにちは。もう少しで夏がやって来ます!

今回、夏に合わせて成城教室のテーブルコーディネート
と紅茶のケーキの話です。西麻布にあるレストランの
パティシェが教室の為に紅茶のケーキを作って下さった。

          8月の成城テーブルコーディネート

自宅教室のテーブルは薄手の綿を使っています。
お皿はフランスのリーモージュ、ジョージボワイェー釜、
大きな花柄と夏のグリーンとピンク色。

8月の手作りメニュー

1)アボカドの冷たいスープを低いグラスに入れました。
スープの色とナプキンのふちの色がお揃いでやはりグリンをえらびました。

2)ポークヒレ肉紅茶煮、フルーツでトッピング

3) アールグレーのムース

4)ディンブラーのアイスティー

バヤデールのケーキ。


紅茶にまつわる話のラ・バイヤデールのお話
インドの舞姫、バレリーナの名前であり、戯曲でもあります。

アーモンドパウダーを少し入れ、軽めのさくっとさせたメレ
ンゲを敷いています。その上はミルクチョコのムースで、
間にアールグレイのブリュレクリームを挟み、層にしています。
ちなみに、洋服の生地で幅が違うストライプをバイヤデール柄と
いいます。外側にはショコラのグラサージュをコーティングしました。
回りには砕いたパイ生地を付けています。
上にはカカオのチュイ―ルとミルクチョコ、ブラックチョコを
飾っています。また、舞姫なので華やかなバラを
使ってトッピングし、舞いのように高さも出しました。
ラバイヤデールは中がムースやプリン、ババロアで2~3層に
した。紅茶とアーモンドの香りがする、ヨーロッパのお菓子です。 ン

 

関連記事