Aug 29, 2018

テーブルコーディネート皿重ねる使い方

本格的なテーブルコーディネートの季節はすぐそこに
来ています。テーブルコーディネート東京・宮島ワンダ教室
成城、公式ブログです。こんにちは


テーブルコーディネートは皿がどのくらい必要ですか?



テーブルセッティングはリネン、磁器、カトラリー、
グラスで構成されますが、レストランと家庭では
大きな違いがあります。レストランではフォーマルなものが
多く、料理をサーブしたり皿をかたずけたりするのはサービスの仕事です。

また、ウエディング等のセッティングはフォーマルな、フルセッティング
(ディナーなど食事を頂ける状態)では、19個の道具をセットしておきます。
お客様の人数は多くサービスのチームがよく働いています。
メニューに合わせたセッティングがされています。


家庭内ですとセッティングは人数が少ない。
サービスをホステス一人がすることでしょう。19個のテーブルウエアが
いりませんが皿数だけがスープ皿、メインディッシュのお皿、
パン皿、ケーキ皿が必要となります。
これはランチのセッティングの場合です。

洋食器をセットする際、ホステスがお食事の時に
お台所にいる時間を少なくするために事前にお皿
をテーブルトップに出す必要があります。多くの皿をコーディネート
する際、皿を重ねて準備します。西洋料理の場合はよく見られる
セッティングの仕方です。必要ですから皿を重ねて用意します。

 

関連記事