Jan 21, 2020

ランチ盛り付けと皿プレート

美しいテーブルに皿と盛り付けプラスしましょう

皿と盛り付け基本

自宅でテーブルコーディネートを行なう際、
お料理を季節、決まり、気持ちに合わせて
お出しするのは一般的です。季節が寒くなりますとスープが
人気です。トマトスープを有田焼、25 cm, 深皿に盛り付けました。
盛り付けるときに立体感と色使いに気を付けましょう。

ショップへどうぞ

ファストプレートとして春のサラダを出すことが多い。体にいい食べる
順番です。春のサラダをイタリアのジノリプレートに盛り付けました。小さめの白い磁器のプレートをガラス器の25cmの国産のプレートに乗せボリュームを出しました。使っている理念はブリッジランナーなので軽やかな春の雰囲気を作ることができました。


こちらもサラダですがフランス製の白い磁器の26cmのプレートに
盛り付けると印象は違います。季節は春。使っているリネンはブリッジランナー
で色は春や夏にも使えるブルー、黄色、ライトブルーが特徴に
なっています。


セカンドプレートはチーズグラタン。2月のバレンタインデーもちろん
ですが少し季節を変えてお出ししても喜ばれます。グラタンの器が
ピンク色、ハート型、オーブンで使えるプレート。お皿に乗せて
かわいらしく出すのが素敵:レースペーパーを使いました。
オーブンのイメージを和らげレーシーな優しい雰囲気を作りこととが
できました。

雰囲気を変えて冷たい巣^ぷをガラスの4器に入れてエレガントに
出してプレートも白でフォーマルなお席の出し方。
テーブルリネンも色を使わず食にベストな白です。時間、場所、目的に
に合わせる盛り付けです。


肉料理の盛り付けが21cmのプレートを使って野菜と共にしました。白いプレートはイギリスのボーンチャイナ。下のプレートはイタリアのデザイナのものです。おarあを重ねる必要がある場合です。

上記の盛り付けを学んだのはこのシェフから。現在、テーブルコーディネート
教室の養成講座でお出している料理の画像です。
養成講座ご参加希望ならぜひ、 Contact をお待ちしています。

Posted in ケーキとランチComments Closed 

関連記事