Jun 26, 2018

知っておきたいドレスコード基本

プロトコールは、日本語で「外交儀礼」と訳されます。
国柄や文化が異なる人々が集まる時、みんなが気持ちよく
時間を共有するためのマナーのことです。
こんにちは、宮島ワンダ教室成城公式ブログです。


ゲストが集まるビジネスや社交、服装エチケット

英語の「マナー」もフランス語の「エチケット」も
「礼儀、作法、習慣」など を意味します。

プロトコールマナーは服装、テーブル演出、ホストのマナー
三本柱をマスターする必要があります。
今回、服装のマナーをご紹介します。

1. 服装規定、フォーマルウェア


◎ホストのドレスコード(服装規定)
フォーマルウェアですが、ホストとゲストでは違います。
ホストのドレスコード(服装規定)は、自分の感覚だけでは
コーディネイトできません。

●ディナーパーティ
★ホストはタキシードかブラックスーツ(黒いベスト付き)。

★ゲストはブラックスーツ、カラーフォルマールで、
流行を取り入れてもよいでしょう。TPOに合わせて、
コーディネイトすることです。
ただ、ゲストはタキシー
ドを着ません。

 一般のパーティー
★ホストは
昼がブラックスーツかニューフォーマル、
夜はタキシードかブラックスーツです。
ゲストは昼も夜もホストと同様です。
タキシードの場合は、招待状にブラックタ イで、と書い
てあります。


公 式な午餐会
★男性は
、モーニング・コートで正式な
スラックスはグレーの縞が入って います。

★女性はアフタヌーン・ドレスで床までのロングです。

公式の晩餐会(午後7時以降)
★男性は
燕尾服(ホワイトタイ、白いベスト)です。

招待状にホワイトタイと書いてある場合は、燕尾服を意味します。
白い蝶ネクタイの意味ではありません。
★女性はイブニング・ドレスで、フランス語ではローブデコルテと
呼びます。ロングは男性と供に出かける時だけです。
男性なしの場合、ロングは着ません。
肩を出して、手袋をします。着席の時は手袋をしたままです。

●公式でない晩餐会、一般の結婚式など
★男性はタキシード(ブラックタイ、カマーバンド)です。
タキシードは、夜しか着ません。カマーバンド、つまりベルトを
しているのが特徴です。
靴はエナメルのオペラシューズで、リボンが付いています。
ブラックタイはタキシードを意味します。
★女性はロング・ディナードレスです。長袖
であまり肌を出さず、裾は床まであります。

男性はディテールが大事な服装をしてい
るので、失敗するとすぐ分かります。男性は
選択の余地はほとんどないため、
男性から服装を決めたほうがよいでしょう。

 

関連記事