Jun 5, 2018

紅茶の香りする有名なケーキ

紅茶にまつわる話の続きです。今回、二社座部レストランの
パティシェが教室のプロトコール講座の為に焼いて下さった
バヤーデルのケーキのお話はです。

紅茶◎ラ・バイヤデール


ラ・バイヤデール。インドの舞姫、バレリーナの名前です。

戯曲もあります。
アーモンドパウダーを少し入れ、軽めのさくっとさせたメレ
ンゲを敷いています。その上はミルクチョコのムースで、
間にアールグレイのブ
リュレクリームを挟み、層にしています。
ちなみに、洋服の生地で幅が違うスト
ライプをバイヤデール柄と
いいます。外側にはショコラのグラサージュをコーティ

ングしました。回りには砕いたパイ生地を付けています。
上にはカカオのチュイ―ル
とミルクチョコ、ブラックチョコを
飾っています。また、舞姫なので華やかなバラを

使ってトッピングし、舞いのように高さも出しました。
ラバイヤデールは中がムースやプリン、ババロアで2~3層に
した。紅茶とアーモンドの香りがする、ヨーロッパのお菓子です。


アンティーク純銀ポット、夏テーブルコーディネート

 

夏のテーブルコーディネートはクロスが薄手でエジプト面を使っています。
お皿はフランスのリーモージュ、ジョージボワイェー釜、大きな花柄、
夏のグリーンとピンク色。アボカド冷たいスープを低いグラスに入れました。
スープの色とナプキンのふちの色がお揃いでやはりグリンをえらびました。
画像のオクに見えるのは銀のアンティークティーポット。空間のオブジェと
して使っています。銀は涼しげで夏の暑い日に使ってみたい大切なもの。

テーブルの中央にセンターピースを飾りました。ピンク、グリーンや白を
夏らしくアレンジしました。ぜい、最後にデザートと好きなお紅茶で
楽しんでみたいものです。

Posted in Blog, ティー, プロコールマナー講座Comments Closed 

関連記事