Feb 3, 2019

2019年イースターテーブルコーディネート

テーブルコーディネート・宮島ワンダ教室成城、
公式ブログです。こんにちは。


春の訪れが早いもので4月21日がイースターです。
今年もイースターの魅力を知って頂いて
たのしみましょう。
春でイースターを表現しています。日本の春
の場合、色は桃や桜などのピンクで表現しますが、
ヨーロッパではグリーンとイエロー
を使います。グリーンは春になって
現れた新しい命、新芽の色。
イエローはスイセンやヒヤシンスなど、
春の花に多い色です。

イースターのシンボルは「たまご」です
生まれ変わり
や誕生を表します。「たまご」が
キリストの復活 を
知らせるものとして伝わってきたのです。
最後の晩餐が行われる日、復活祭前の木曜日。
その後、キリストは復活するのですが、
イースターの日曜日の朝、鐘がなり続けクリスト
の復活を知らされます。

イースターのシンボルとして「たまご」の他にも「鐘」
の形をしたチョコレートがあります。

19世紀初めには、子どもたちが「たまご」
を彩るようになります。ビーツをつかって赤に染めたり、
ラディッシュでピンクに染めたり、タマネギの皮で茶色 に
染めたりして楽しみました。この文化が民衆に
広く伝わったそうです。歴史は本当に興 味深いですね。

関連記事