果物、テーブルマナー

2009年6月30日
果物をお出しする際、食べやすく美しく準備して、出すのはマナーの基本です。

p1010200


を半分に切って、デザートに添えることは正しいです。
detox1

ベリーは高台のガラス器に盛ってあります。どこから取っても、
取りやすくしてあるのはマナーです。

果物はトレーにのせて、出す時に、苺はホールのママ、ガラス器に
入れるのは一般的です。苺はティースプーンで頂きます。お皿が大きい
時にデザートスプーンを用意します。
fruit1

ブルーベリーは一人分のポーションとして出すのは基本です。
ガラス器に入れて出し、ティースプーンでいただきます。
tour16

そのティースプーンを受け皿に乗せて出します。

dessert25

キウィフルーツは輪切りにして食べます。皮をむいたキウィ
フルーツを6-8等分立てに切るこも出来ます。
orange


オレンジ
は輪切りにするか分けて出すのは一般的です。

メロンとスイカは角切りや丸の形にして出します。

桃、梨は角切りにするか縦に切ります。

hantoshi70

果物を頂くためにデザートスプーンとデザートフォークを用意します。
果物をスープンで頂き、フォークで果物が落ちない様に助けて食べます。
切っていない果物のためににデザートナイフも用意します。

フルーツを美味しく頂くためには
1.10℃まで冷やしておく
2.出す直前にリキュール等をかける
●メロンはラム酒、ブランデー、ポルト酒
●桃とキウィフルーツはリキュール
●梨はレモン汁

洋食器、グラス、7月テーブルコーディネート

2009年6月29日
Dominic Habsburgの人気、卓上グラスは成城教室のセレクトグラス。

dominic2

★ウォーターピッチャー15.000円/1個
★多目的タンブラー   1.700円/1個

ガラスの色と型は魅力的です。葡萄の型はヨーロッパ食卓の伝統的な柄です。
様々な食器に使われています。上記グラスやピッチャーは葡萄です。

ado80
水用ゴブレットだけセットしました。ステムあり卓上グラスはフォーマルです。
ドミニックハプスブルグ氏と十数年前に、東京で開かれたグラスの展示会で出会い
ました。赤ワイングラスで乾杯した時、このグラスを好き!と感じました。
basic1
ドミニク・ハプスブルク(Dominic Habsburg)氏はハプスブルク家の末裔で
メアリー王妃(Queen Mary ofRomania)の孫に当たる。現在はニューヨーク在住です。

プラン城の持ち主です。この城は1920年にメアリー王妃の手に渡り、王妃の
別荘となった。 以来、城はブラショフ地区の観光の目玉となっている。

ブラン城は、1212年にチュートン騎士団によって建てられた。15世紀には
ルーマニアのワラキア公であるブラド・ツェペシュ(Vlad Tepes)が一時期
ここを居城とし、串刺し刑による粛正を行った。ブラム・ストーカー(Bram
Stoker)の小説「吸血鬼ドラキュラ(Dracula)」のモデルにもなった。

ドミニックグラスシリーズは日本国内で制作されております。
使いやすく、価格は手頃で、高品質の商品です。
きっとロングセーラになるでしょう。

ペネロップ・リネン、食空間コーディネートはクラシック

2009年6月28日
フランス製のテーブルクロス、有名な「ペネロップ」。ペネロップ日本展’98が行われて
から11年が立ちます。ホーテル・グランパシフィック・メリディアン東京、宴会会場で
開催されました。主催は日本経済新聞、後援が在日フランス大使館、外務省でした。
宮島ワンダの講演テーマは「美しいヨーロッパテーブル・リネン」でした。テーブル
リネンについて、関心が高く、食空間コーディネーターが全国からご参加されました。
penelope1
ペネロップのリネンは手作りで、材質は様々で綿、麻、ポリエステルもあります。
minishop4
上記写真はペネロップテーブルクロスとナプキンがお揃いです。材質は綿。大変美しい
アイテムです。ディナーやランチのテーブルコーディネートに合います。
撮影はウインターシーズンでしたので、暖かい雰囲気を出してみました。
orangerie311
サーマーの季節になりますとあっさりしたテーブルコーディネートが気持ちが
よく、薄い材質のテーブルリネンを選びたくなります。ペネロップの使いやすい
テーブルクロスはポリエステル材質で、成城教室では使用しています。色は白、
トップクロスとして使いますと夏らしいコーディネートがしやすくなります。

最近、ペネロップテーブルクロスについては情報が少ないですが、以前と同様、
注文が可能です。宮島ワンダ教室事務局にて、ご相談、ご注文はメールにてお受け
しております。お問い合わせ欄をご利用頂ければ便利です。お待ちしております。

7月テーブルコーディネート、イタリア

2009年6月26日
夏のシーズンが気になるころでございます。
太陽、海、ひまわりの花、フルーツといったテーマが浮かびます。
成城教室の上級講座、7月はイタリアがテーマです。
italia4
海をイメージしたテーブルコーディネート。テーブルクロスはヌードカラーで
波の様な刺繍が特徴。暑い夏の昼下がりを涼しげに、ゆったりと過ごすための
テーブルの準備。テーブルクロスの材質は綿のオーガンジ、ナプキンとのお揃い。
テーブルクロスやナプキンのアクセントカラーはナチュラール・オリーブグリン。
italian
テーブルクロスは同じですが、オブジェを変えました。フルーツと花の
コーディネートでイタリアの太陽を表現しています。
e38386e382a3e383a9e3839fe382b9

夏らしさをひまわりの花が出し、ダイニングテーブルによく合います。
また、イタリアの代表的なスイーツ、ティラミスが浮かびますね。
ケーキ皿は国産ガラス器です。邪魔にならく,ヌードな感じ。
テーブルコーディネートに使っている白い皿はジノリ、ベキオホワイトです。
海を表現する際、シェルの形のお皿は役に立っています。
itliamedal1

また、イタリアと言いますと、りチャートジノリ美術館を思い出します。
イタリアのフイレンツェの近くにあります。数年前に見学しました際、
美術館の館長様から思い出になる限定メダルを頂きました。ギリシャ神話が
テーマです。
成城教室、イタリアがテーマのレッスンの時にご覧下さい。

六本木でランチ、オーベルジュ・ド・リル

2009年6月24日
梅雨の中休み、西麻布に出かけました。
フランス、アルザス地方料理レストラン、「オーベルジュ・ド・リル」がある場所です。
一軒家の華麗な空間をエンジョイしました。
wanda31
建物の中に入ってすぐに、ウエイティングルームがあります。
wanda2
ウエイティングルーム内にバーカウンターも。
rooms_5

メインダイニングスペースはゆったりとしていて、シャンデリアは美しい。

imieniny5

座っている場所は落ち着いていて、美味しいランチタイムをゆったり過ごしました。

当日ランチメニュー

アミューズブッシュ
子牛の肉と野菜のタブレ マリニールのビネグレット

ヒラメのポワレサフラン風味プチポワ添え

プレデセール
オーベルジュドリルのデザート
ハーブティー
小菓子

2階にはメンバーズサロ ンがあり、「マナー講座・六本木」にふさわしいスペースで、
近い内に「マナー講座」を開く予定です。どうぞお楽しみに。

カレンダー


カテゴリー


アーカイブ