カテゴリー別アーカイブ: レシピ

抹茶入りシフォンケーキ

2017年6月29日

テーブルコーディネート教室、公式ブログです。
こんにちは。主宰、宮島ワンダです。

まだ涼しい網に地ですが、そろそろ熱くなる
ようです。7月はやって来ます!
お元気でしょうか?

私は7月のレッスン準備で過ごしています。
新しいレシピを作成したり、テーブルコーディネート
の準備、花材、料理、茶葉等をプランイング
しています。テーブルコーディネートは企画です。

今日はシフォンケーキレシピをお届け
します。レシピがたくさんありますがやや
軽いアメリカタイプスポンジケーキをご用意
しました。わたくしの食文化が違いますのでシフォンを
焼くことは少ないです。美しいグリーン色が夏らしいので
焼くのならいまの次期胃ですね〜
レシピ
シフォンケーキシフォンケーキ

材料 (17cm

1)卵黄       3個分
2)グラニュー糖   35gr
3)水        30ml
4)サラダ油     30ml
5)レモン汁     半分個
6)薄力粉       70gr
7)ベーキングパウダー 2gr
8)卵白        120gr
9)グラニュー糖    35gr
10)抹茶       5gr
仕上げに粉砂糖

作り方
1)薄力粉と抹茶をふるっておく。オーブンは170℃まで
2)卵白とグラニュー糖でしっかりメレンゲを作る
3)次に卵黄とグラニュー糖を泡立て器で白っぽくなる間で混ぜ合わせる
4)そこに、水、サラダ油の純に加え混ぜ合わせた薄力粉抹茶入りを加え混ぜる
5)メレンゲを1/3加え、大きく混ぜる
6)残りのメレンゲを2回に分けてゴムベラでさっと混ぜる。
7)型に流し込んでオーブンで30分焼く。
焼き上がってから逆さまにして冷まします



テーブルコーディネート秋から冬へ

2016年10月3日

テーブルコーディネート教室、公式ブログです。
こんにちは。主宰、宮島ワンダです。
10653696_304092076462741_9189532460369759440_n
秋らしい天気がなかなかやって来ません。
相変わらず雨の多い秋になってしまっています。
soup1
テーブルコーディネート教室では秋の旬の季節
と走り冬の季節をイメージした食卓をコーディネートします。

1)それぞれの季節のカラーを意識しましょう
2)料理のプランニングを行いましょう
3)イメージに合う食器を用意しましょう
4)全てを決めてからバランスよく合わせて行きます

今やこれからのメニューはとても気になりますね。
1)先ずは栄養のあるほうれん草スープを作ってみたいですね。
熱々で体の芯から暖まります。


2)メインはサーモン煮、クリームソース添え

10689675_769367669808621_4636130946785452895_n
3)焼き菓子は南瓜入りチーズケーキやバナナ焼き菓子
デザート2


4)ほっと紅茶

全てうまく合わせればテーブルコーディネートが気持ちよく
料理が美味しく素敵なお時間を過ごすことが出来ます。

 

スパイシークリスマス焼き菓子

2014年11月24日

クリスマスケーキですか?ま〜苺と生クリームではないの!
と毎年は言っているセリーフです。香辛料を楽しめる焼き菓子
は クリスマス菓子です〜  スパイシーなクリスマスの焼き菓子
ピエルニックです。 2014年の教室のクリスマスレッスンの
スパイシーな 焼き菓子をたくさん焼きます。 piernik-long1 

★ピルニックのレシピ(25cmパウンド型) 材料
バター 100gr 砂糖 100gr 卵2個 蜂蜜 100gr 生クリーム100cc 小麦粉  250gr ベーキングソダ3gr 香辛料 40gr(シナモン、グローブ、パプリカ、マジオラム カルダモンは合わせたもの) 
spais1
作り方:
1.100grのバターを砂糖と混ぜる。
2. 1に卵の黄を加えさらに混ぜる。
3. 2に生クリムと蜂蜜を入れよく混ぜ合わせる。
4.香辛料を40grを入れて混ぜ合わせます。
5.ふった小麦粉とソダを合わせて入れて混ぜる。
6.卵の2個分のメレンゲを作る。
7. 6を5に入れてザクット混ぜて、出来上がり。
8.バターを塗った25cmパウンドケーキ型の入れて170℃で60分焼きます。
9.しばらく寝かしておいてから食べます。  シュガーパウダーをかけてホールでお出しするのは素敵です!  クリスマスツリー型に入れて焼くのも楽しいですね〜  クリスマステーブルにホールでお出しします。
piernik-whole

フレッシュープルーン入り焼き菓子レシピ

2014年8月16日

宮島ワンダ教室、公式ブログです。こんにちは。
昨日はフレッシュープルンを購入しました。
今年は初めてです!早速焼き菓子を作ります。
プラムクーヘンの作り方
プラムクーヘン
材料 (15cmパウンド型1個分8人分)
バター        100g
砂糖         70g
全卵         2個
小麦粉        100g
ベーキングパウダー  小さじ1/2
フレッシュープルン   6個
作り方
1.バターは室温にもどします。固いバターは手でもんでやわらかくします。
2.小麦粉とベーキングパウだを混ぜて3回振るっておきます。この作業はごみやダマを取り除くだけではありません。
エアレーションといって、粉に空気を抱き込ませ、焼き上がりを
ふわっとさせる役割を持っています。なるべくていねいに振るって
ください。
3.バターに小麦粉を加え、よくすり立てます。完全に混ざり、
クリーム状になればOKです
4.別のボールに全卵、砂糖を入れて、ぼってりするまで泡立てます。
ホイッパーですくって角ができるくらいに泡立てます。ミキサーが
あれば、これで泡立てます
5.バター生地と全卵生地を混ぜ合わせます。
バター生地に全卵生地1/3量を入れて、ていねいに混ぜ合わせます。生地が混ざったところに、残りの2/3量の全卵生地を混ぜ合わせます。全体を均一になるように混ぜます。
6.型に流します。型は何でも結構です。あまり型にこだわらず、プリンカップ、アルミカップや耐熱用の器に流します。あまり大きくて、深い型に流すとなかなか焼けません。小さく、薄く焼きましょう。型にもよりますが、グラタン皿なら3cm程度です。ローフ型で本格的に焼く場合は、中央をくぼませて焼きます。こうするときれいに盛り上がります。
7.種をぬいて半分に割ったプルンを皮を下にして生地の表面に並べておきます
8.あらかじめ熱しておいたオーブン、170度で40—50分焼きます。急に色づく場合は、少し温度を下げて、アルミ箔をかぶせて焼きます。くしをさしてみて、中まで火が通っていれば出来上がりです。

秋、テーブルコーディネートを学ぶ

2014年8月14日

宮島ワンダ教室、公式ブログです。
夏休み真っ盛りの方が多いと思いますが
教室ではもう秋への準備をし始めています。
ガレット1_edited-1
メニューはすっかり秋です。そば粉のガレット、
少しずつやいています。赤いパプリカを添えて
とても健康にいい一品を紹介いたします。
そば粉、水は基本ですが、レッスンの時にレシピ
をご用意しています。ご参加、お待ちしています。
1941497_225787584293191_1679641366_o


カレンダー

  • 2017年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

カテゴリー


アーカイブ